9月25日(Sun)

9月25日(Sun)

学会伝統の「青年部教学試験2級」が25日の昼と夜の2回、県内52会場で実施され、受験者から「教学を学ぶ中で、信心の確信を深めることができました。同志と共に、さらに行学の二道に励んでいきます」などの声が寄せられた。写真は横須賀文化会館。

9月22日(Thu)

9月22日(Thu)

創価学会秋季彼岸勤行法要が22日の「秋分の日」を中心に、各地で厳粛に営まれた。真鶴会館には同日、湯河原旭日圏の友が集った。勤行・唱題・焼香の後、本村圏本部長が「日々の学会活動が故人への最高の回向になる。新たな決意で世界平和の歩みを」と語った。

9月19日(Mon)

9月19日(Mon)

波涛会(海外航路に従事する壮年・男子部のグループ)の第29回写真展「波涛を越えて」が16日から19日まで横浜・日本丸メモリアルパークで開かれた。 4日間の会期中で約1万5千人が来場。「壮大な大海原の情景に“海の男”のロマンを感じました」などの声が寄せられた。

9月 4日(Sun)

9月 4日(Sun)

海外の青年部が4日、神奈川を訪れ、28会場で交流交歓会を行った。チリとメキシコのメンバーは、大和文化会館を訪問。神奈川大和阿波踊り「笑星連」の有志が踊りを披露すると、海外のメンバーが各国の伝統的なダンスを。心と心が通う交歓会となった。

8月15日(Mon)

8月15日(Mon)

諸精霊追善勤行法要が各地で営まれた。三ツ沢平和記念会館には15日、神奈川総区の同志らが集った。 勤行・唱題、焼香が行われ、故人の冥福を祈念。野沢総区総合長が「日々の唱題こそ最高の回向」とあいさつした。

8月12日(Fri)

8月12日(Fri)

インドの青年部が8月9日と12日、神奈川池田記念講堂で神奈川青年部と交流交歓会を開催した。 米澤総神奈川男子部長と坂本同女子部長らが歓迎のあいさつを行った。