ニュースnews

ホームニュース
12月23日(Wed)

12月23日(Wed)

神奈川銀河少年少女合唱団のファミリーコンサートは23日、結成40周年の意義を込めて神奈川文化会館で行われ、藤井総神奈川婦人部長、山崎総神奈川長らがエールを送った。 南横浜総県(23日、横浜平和講堂)、東横浜総県(20日、鶴見平和会館)、西横浜総県(13日、横浜池田講堂)、横須賀総県(13日、横須賀文化会館)でも少年少女部の合唱祭が開かれ、未来っ子たちが練習の成果を発揮した。

12月23日(Wed)

12月23日(Wed)

新「三崎会館」の開館式が23日、同会館で晴れやかに行われた。相模湾と雄大な富士を望む三浦半島の西南端に立つ新会館は、礼拝室、法話室等を備える。 開館式では、山崎総神奈川長があいさつし、野北横須賀総県長が経過報告。藤井総神奈川婦人部長らの後、畑東海道長が「世界広布をリードする友好対話のうねりを」と訴えた。

12月20日(Sun)

12月20日(Sun)

神奈川音楽隊・創価学会神奈川吹奏楽団が20日、第2回定期演奏会を横須賀芸術劇場で開催した。クラシックや学会歌などを演奏。多くの来場者でにぎわった。

12月06日(Sun)

12月06日(Sun)

総神奈川女子部の大会「Sunrise toward 2030」は6日、神奈川池田記念講堂で開かれた。 池田SGI会長が神奈川池田記念講堂を視察し、神奈川文化会館を訪れた昨年12月7日から1周年を祝うもの。このたび、この12月7日が「神奈川青年部 師弟勝利の日」に決定した。 喜びに包まれた大会では、神奈川鼓笛隊の演奏や有志のダンスなどが披露され、坂本総神奈川女子部長があいさつ。清水女子部長、藤井総神奈川婦人部長が祝福した。

12月06日(Sun)

12月06日(Sun)

総神奈川男子部の幹部会が6日、神奈川池田記念講堂で行われた。 ヤング男子部がSGI会長の長編詩「正義の旗 平和の心」の朗読や幹部会に向けて制作した曲「勝利の船出」を合唱。米澤総神奈川男子部長が新スローガン「正義の師子・神奈川男子部 世界広布の大船たれ! 師弟共戦の勝利王たれ!」を発表した。竹岡男子部長、山崎総神奈川長が激励した。

11月22日(Sun)

11月22日(Sun)

学会伝統の「教学部任用試験」が22日の昼と夜、県内59会場で実施された。 神奈川平和会館では同志に見守られながら、多くの新会員・会友・高等部員らが挑戦。畑東海道長が人間主義の哲学を学びゆく友に励ましを送った。

11月13日(Fri)

11月13日(Fri)

小説『新・人間革命』第27巻が、11月18日に発売される。住吉書房元住吉本店(東急東横線の元住吉駅前)に懸垂幕が掲げられ、街の注目を集めている。

10月25日(Sun)

10月25日(Sun)

音楽隊出身者の「総神奈川広布楽雄会」の集いが25日、神奈川池田記念講堂で開かれた。山崎総神奈川長が友の活躍をたたえ、有志が記念演奏を行った。

10月21日(Wed)

10月21日(Wed)

ロシアSGIの友が21日、鎌倉のSGI教学会館を訪問。杉山総神奈川総合長があいさつし、鎌倉県婦人部の有志が歓迎の歌を披露した。

9月27日(Sun)

9月27日(Sun)

学会伝統の「青年部教学試験1級」が27日、県内各地で実施された。神奈川平和会館では南横浜総県の青年部が試験に挑戦。山崎総神奈川長が、生命哲学を学ぶ友にエールを送った。

9月23日(Wed)

9月23日(Wed)

秋季彼岸勤行法要が23日、県内各地で営まれた。 瀬谷文化会館では同日、青島横浜栄光区総主事を導師に勤行・唱題、焼香が行われ、故人の冥福を祈った。

9月23日(Wed)

9月23日(Wed)

第28回写真展「波涛を越えて」(主催=同展実行委員会)が18日から23日まで、横浜市の日本丸メモリアルパークで催された。海外航路に従事する壮年・男子部グループ「波涛会」の友が撮影した写真80点が展示され、多くの鑑賞者でにぎわった。

< 戻る 12345678 次へ >