原水爆禁止宣言が発表された三ツ沢の陸上競技場を上空から撮影

創価学会の平和運動の原点――
それは、第2代会長の戸田城聖先生が1957年(昭和32年)9月8日、横浜・三ツ沢の陸上競技場で発表した「原水爆禁止宣言」です。
戸田先生は、世界の民衆の生存の権利を踏みにじる核兵器を絶対に許すなと訴え、この宣言を青年への“遺訓の第一”としました。
私たち神奈川青年部は、この宣言に脈打つ不戦の精神を世界へと広げるため、
各地での「平和文化講演会」の開催や「戦争体験聞き取り調査」「平和意識調査」などを行っています。
戦争体験の風化が叫ばれる今だからこそ、ヒロシマ・ナガサキの悲劇、
そして悲惨な戦争を二度と繰り返さないためにも、
未来を担う青年として、過去の歴史に学び、粘り強く平和の心を発信していきます。

戦争体験聞き取り調査

平和文化講演会

平和意識調査ページへ